チューリップまつりチューリップまつり

なばなの里内にある国内最大級の花園「花ひろば」。180万球のチューリップと、ビオラ、ストック、デージー、ダイアンサスなど約40万株の春の花々が咲き誇る、花まつりが 3月下旬からGW頃 に見頃を迎えます。赤・白・黄色、ピンクから珍しい色や形のチューリップ。昼間から夜も楽しめるのこの「花ひろば」の大スケールには驚かされます。

3月下旬~4月下旬頃開催チューリップまつり

3月下旬頃からチューリップの開花に合わせ、4月下旬頃までチューリップまつりを開催いたします。年間のお花で最も人気のあるイベントです。花ひろばは、面積約43,000㎡(ナゴヤドームのフィールド約3.2個分)もある国内最大級の花園。チューリップは、3月下旬頃から見ごろを迎え、4月上旬から中旬が本格的な見ごろ、そして4月下旬ごろまで楽しめます。

花ひろば全体が大きなキャンバス

花ひろば全体を大きなキャンバスに見立てて、赤・白・黄色のカラーを中心に大きなウェーブが描くようにチューリップは植えられています。花ひろばに併設された展望台からは、花ひろば全体を眺望でき、展望台からはダイナミックな景色をお楽しみいただけます。また、花ひろば南側にある約2,200㎡のエリアに、色鮮やかなチューリップやビオラ、ハーブなど約35,000株を使用した様々なイラストが描かれ、展望台からの景色が一層彩られます。イラストの花壇は例年~5月中旬頃まで楽しめます。

花ひろば「花壇アート」3月頃~5月上旬

2018年には、熊本の魅力を発信「がんばろう熊本!」復興応援『 もっと熊本に興味を持ってもらい、たくさんの人に笑顔になってほしい 』 という思いから「花ひろば南側エリア」にある約2,200㎡の展望台から見渡せるエリアに、赤、青、白、オレンジ、黄色、緑などの色鮮やかなチューリップやビオラ、ハーブなど約35,000株を使用し、くまモン、阿蘇山(阿蘇五岳と、外輪山)、イルカ(背景の青は海をイメージ)、デコポン、天草五橋(松島橋)など様々なイラストで花壇を彩り紹介しました。

2016年は伊勢志摩サミット(G7主要国首脳会議)の公式関連行事でナガシマリゾートを主会場に開催された「2016年ジュニア・サミットin三重」を記念して、参加国の国旗を彩った花壇を作りました。

(C)2010熊本県くまモン 協力:熊本県大阪事務所

13000坪の花ひろば一面に咲くスケール。花ひろばに入ると、すぐに色鮮やかなチューリップや春の花々がお出迎え。花ひろばをゆっくりと一周してみましょう。
花ひろばには、チューリップの原種など見所が盛りだくさん。チューリップには「一重咲き」「原種系ミニ咲き」「ユリ咲き」「八重咲き」「フリンジ咲き」「枝咲き」「パーロット咲き」などがあります。貴重な富山品種や世界のチューリップが大集合です。

夜のなばなの里はとってもロマンチック。夜間ライトアップとイルミネーション!花ひろばのライトアップは想像を超える光と花の競演です。チューリップは色とりどりで鮮やかに楽しませてくれ、一番人気の時期になりつつあります。

かわり咲きの「八重咲き」

花の先がギザギザ「フリンジ咲き」

チューリップソフトは里内の「村の市」でも

  • なばなの里便り
  • 現在の開花状況をチェック!

7月まで続く、花木と春の花々まつり