プレスリリース なばなの里イルミネーション

なばなの里イルミネーション

世界最高峰クオリティの美しい「光り輝く電球だけでつくる本物のイルミネーション」だからできる、こだわりの「本物力」。最先端のLED電球を使用し、色鮮やかに輝く情景を演出!究極のイルミネーションを演出し圧倒的な感動をお届けします。 ※映像を投影するプロジェクションマッピングは一切使用していません。

開催期間

2018年10月20日~2019年5月6日

掲載の内容は予告なく変更になる場合がございます。

入村料

2,300円(小学生以上) 里内で利用できる 金券1,000円 分付

  • 金券は里内でのお買い物やお食事等にご利用できます
  • 一部、券売機等では利用不可

営業時間

  • ■9時~22時:土休日 及び、特定日(12/25、12/28、12/29、1/2~1/4、3/1~5/6)
  • 12/31、1/1は除く
  • ■9時~21時:平日及び、年末年始(12/31、1/1)
  • 12/25、12/28、12/29、1/2~1/4、3/1~5/6は除く

営業カレンダーを見る

なばなの里のイルミネーションは2018年で15回目(2004~)を迎えます。自然美を最大限に活かし樹木のライトアップも行い、冬の華「イルミネーション」とのコラボレーションが実現。シーズン1番の人気のイベントとなりました。 注目は「なばなの里」メインテーマエリアで、あじさい・花しょうぶ園(8,000坪・26,400㎡)の敷地に、毎回、新しいテーマでメイン会場のイルミネーションを展開。世界の美しい憧れの絶景の中から、一度は行ってみたいと憧れる雄大なテーマを厳選し開催しています。大自然の驚異と神秘の情景、躍動感あふれるダイナミックで色鮮やかな美しい姿を、大パノラマのスケールで、刻々と変わるその情景を最新LEDで色鮮やかに演出。思わず息を飲むような光景の数々と、豊かな自然が織り成す様々な彩り豊かな演出などが見どころです。美しい本物の光り輝く電球だけでつくるイルミネーションにこだわり最先端のLED電球を使用し、色鮮やかに煌く情景を演出します。世界最高峰を誇るクオリティと臨場感溢れる大迫力の壮大なスケール感は世界からも注目を集め人気を博しています。

イルミMAP2018

2018-2019「JAPAN」 ~日本の情景~
”THE BEAUTY OF JAPAN ”
毎年変わるテーマ内容

毎年変わる注目のメイン会場イルミネーションの今回のテーマは「JAPAN」日本の魅力と美をめぐる驚きと感動のイルミネーション。大自然の情景から歴史、文化、伝統まで大パノラマのストーリー展開!あなたもきっと「日本」をもっと知りたくなる。

国内最大級のスケールと、世界最高峰のプログラミング技術により色鮮やかに、表現力豊かに演出いたします。日本の美を象徴する景観や歴史、文化、伝統まで四季折々の感動的な情景をモチーフにいたしました。

世界に誇る雄大な富士山や日本各地の歴史ある景勝地のほか、古(いにしえ)より人々により語り継がれてきた伝統や文化まで、数々のシーンをダイナミックに表現いたします。
日本が誇る色鮮やかな色彩をまとった浮世絵や、世代を超えて今もなお親しまれている昔ばなしも登場する、史上最多の複数シーンが見どころです。

壮大で美しすぎる日本の情景を余すところなく表現するため、高さ 約35 m 、横幅 約155 m というすべてを圧倒するスケールと、最新LEDによる最高峰のクオリティで、繊細かつ鮮やかな臨場感あふれる景観を表現。まさに後世に残したい「なばなの里」 だけで体験できるイルミネーションで魅せる美しい日本の情景の数々を心ゆくまでお楽しみください。

天地創造
「闇夜の嵐」
(日本の情景)
闇夜に轟く雷鳴と共に現れた風神雷神が、激しい稲光や嵐を巻き起こし、天地を揺るがす大迫力のシーン。雅びにして斬新、絢爛にして明快、日本の美の象徴をモチーフに天地創造を彷彿とさせる神々しさを感じるダイナックな演出です。神々と共に生き、共に暮らしてきた日本人の伝統の精神を表現しました。The story of these gods are passed down today as a national treasure of Japan.The wind god controls the wind, and the thunder god controls lightening. Raijin is the Japanese god of thunder, lightning and storms. He is usually depicted holding hammers surrounded by drums. Fujin is the Japanese god of wind. He is depicted holding a bag of winds. Fujin usually has a messy appearance and wild hair from all the wind. The story of these gods are passed down today as a national treasure of Japan.

Raijin And Fujin: Japanese Gods of Nature.Wind God and Thunder God.

雄大な景色
「夜明け」
(日本の情景)
ダイナミックな夜明けの情景を荘厳たる美しい富士山で演出。夜明け前に雲海に漂うように浮かぶ美しい稜線をのぞかせる富士山。日の出の瞬間、富士の頂が宝石のように輝くダイヤモンド富士はいつまでも心に残る絶景。 Mt.Fuji has been loved by Japanese for long time. The Mt.Fuji variously changes its appearance according to the time, the season and the weather. Throughout the year, you can enjoy the diverse "faces" of Mt. Fuji—Diamond Fuji, Blue Fuji,  and more—as they change with the four seasons.

Japan is rich in beautiful scenery.:Diamond Fuji, Blue Fuji

雄大な景色
「紅富士」
(日本の情景)
夜明けと共に空が色づく幻想的な場面。やがて、朝焼けに浮かぶ冠雪した冬の富士が紅色に染まるシルエットはまさに絶景。紅富士(あかふじ)の姿が、湖畔の水面に上下反転した形で映り込む「逆さ富士」の姿も加えたドラマチックな雄大な景観。When the necessary conditions are met and the season and hour are right, you’ll get to catch sight of a wonderful new face of Fuji.Snow-covered Fuji is called “Crimson Fuji” when the appearance turn crimson at sunset.

Japan is rich in beautiful scenery.:Crimson Fuji

伝説・物語
「竹林」
(日本の情景)
艶やかな十二単は千年あまりのときを越えて継承してきた日本の伝統美。清々(すがすが)しい緑が立ち並ぶ、竹林の風情を日本人は古くから愛し、日本最古の物語「かぐや姫」にも登場しました。やがて、月のように美しく輝くかぐや姫は、やがて満月の夜に月に帰ってしまいます。It inherits the characteristics of a tale of fantasy found in "Taketori Monogatari" (the Tale of Bamboo Cutter), and is the oldest full-length tale in Japanese literature.l though it is commonly known as Taketori Monogatari, it was also called The Tale of the  Kaguyahime no Monogatari (The Tale of Princess Kaguya).

Taketori Monogatari (The Tale of the Bamboo Cutter)

伝統・情景
「鳥居」
(日本の情景)

日本ならではの神秘的な景色、伝統的な日本の建築美を厳島神社をモチーフに演出、水辺にたたずむ圧倒的な存在感の大鳥居と、平安建築の美の極致を極めた清々しい雅な社殿の神聖な空間で神々の息吹を感じる場面です。
※モチーフ:厳島神社
Torii, the iconically Japanese gateways that typically mark the entrance to Shinto shrines are ubiquitous all over the country.The Island of Gods, well known for its floating shrine and Otorii. The shrine plays on the contrasts in colour and form between mountains and sea and illustrates the Japanese concept of scenic beauty, which combines nature and human creativity.

The Torii gate,The Floating Shrine on the Sea:Itsukushima Shrine

 

花舞踏会
「花畑」
(日本の情景)
富士の麓に咲き誇る美しい花々の景観は、まさに日本の風物詩。富士と桜の情景や、一面ピンクの芝桜、緑に染まる広大な茶畑。そして色鮮やかなラベンダーやヒマワリまで、日本ならではの四季折々の情景は世界の人々を魅了してやまない心癒される風景です。Mt. Fuji is one of the most picturesque spots in the world.During the Fuji Shibazakura Festival, which is held in Fujikawaguchiko, Yamanashi prefecture from April to May, it is possible to see a field covered in vivid pink moss phlox flowers with Mount Fuji in the background. Summer at Mt. Fuji, you can see Mt. Fuji at its liveliest; the brilliant fresh greens and fully bloomed sunflowers against the backdrop of the mountain is stunning. 

In this way, there is lots of beautiful scenery in Japan.
Beautiful Lavender and Good View of Mount Fuji!

江戸旅情
「浮世絵・旅情」
(浮世絵の世界)
日本が世界に誇る浮世絵の世界感。富士見のできる各地を織り交ぜながら富士山の在る景観を描いた、江戸旅情あふれる『富嶽三十六景』をモチーフに、躍動感溢れる演出でいきいきと表現します。この場面は、晴れた日の朝方に鮮やかに赤く染まる富士と、空や雲のコントラストが非常に印象的な情景に、3人の武士が馬に乗り勢いよく駆け、漁師が岩上から投網を引き上げようとする様子は、独特の構図や色彩で見る者すべてを魅了しています。※モチーフ:葛飾北斎『富嶽三十六景』『凱風快晴(がいふうかいせい)』、『隅田川関屋の里(すみだがわせきやのさと)』、『甲州石班澤(こうしゅうかじかざわ)』
The Mount Fuji that Japanese adore became a symbol for the beauty of Japan through Hokusai’s masterpiece.South Wind, Clear Sky (Gaifū kaisei), also known as Red Fuji, from the series Thirty-six Views of Mount Fuji (Fugaku sanjūrokkei)

Beautiful Mt.Fuji-Themed Japanese 'Ukiyo-e'
The beauty of Japan as drawn by Hokusai: Mount Fuji

江戸旅情
「浮世絵・荒波」
(浮世絵の世界)
巨大な波が舟を飲み込まんばかりに襲い掛かってくる様子。大波を見上げて波間に富士を垣間見ているような感覚を抱かせる有名なシーンで、自然の猛威になすすべもない船上の人々、その向こうには鎮座する富士が印象的な、静と動、近と遠の鮮明な対比が特徴です。世界の芸術家が影響を受けた「グレートウェーブ」と呼ばれる力強い海の情景をダイナミックに!
※モチーフ:葛飾北斎『富嶽三十六景』『神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)』 Katsushika Hokusai is Japan’s most iconic artist, and his maritime masterpiece, Great Wave off Kanagawa, is perhaps the most reproduced image in the world. Hokusai’s masterpiece captures the spectacle for all eternity. Surely we can appreciate it as a symbol of the beauty of Japan. Japanese people loved and elevated to become a symbol of Japan’s beauty.

Hokusai Katsushika is probably the most famous Ukiyoe artists overseas.

水の神秘
「竜宮城」
(浮世絵の世界)
千年余りにわたって語り継がれ、読み継がれてきた昔話で、そして、だれもが知っている日本の代表的な昔話「浦島太郎」昔から海にまつわる伝説や民話がたくさんあります。絵にももかけない美しさと表現された「竜宮城」をイメージして美しい海を演出しました。海底を鮮やかに彩るサンゴの群落、優雅に泳ぐマンタ、海中に映る鮮やかな生き物たち、全てに魅了される海が見どころです。一度は行きたい、だれも見たこともない夢のような感動体験です。Urashima Tarō (浦島 太郎)
is a Japanese legend about a fisherman who rescues a turtle and is rewarded for this with a visit to Ryūgū-jō, the palace of Ryūjin, the Dragon God, under the sea. He stays there for three days and, upon his return to his village, finds himself 300 years in the future. ......

Classic Japanese Famous Stories "Urashima Taro".

水の神秘
「桃太郎」
(日本の文化)
日本最古の昔話ともいわれ、昔から語り継がれてきた民話のひとつ。世代を問わず親しまれてきたおなじみの日本の昔話「桃太郎」の一場面です。清らかな水の流れに乗って大きな桃がプカプカ流れてきます・・・・。子どもから大人まで世代を超えて楽しむことができる演出で、大人も童心に返って楽しめます。Momotaro is one of the most loved folktales in Japan as well as one of the most well-known. The name "Momotaro" literally means "Peach Taro," which is a name suffix often seen in Japan. You may have heard the story translated as "Peach Boy."  According to the present form of the tale (dating to the Edo period), Momotarō came to Earth inside a giant peach, which was found floating down a river by an old, childless woman who was washing clothes there. ......

Classic Japanese Famous Stories "Momotaro".

雅(みやび)
「都(みやこ)」
(日本の文化)
上品で優雅な知的に洗練された情趣美を表現。紅葉が池に映りこむ寺院の庭園をイメージしています。日本人の美に対する意識や感性は自然を敬い、自然と共生しようとする姿勢にあり、古来より四季の移ろいを感じ、散りゆく桜、色づく紅葉を美しく、そして愛おしいと思い奥深い豊かな美しさを楽しんできた日本独自の伝統文化です。 The landscape of picturesque, brilliant autumn leaves, known as koyo, is just as beautiful as the sight of cherry blossoms in the spring, and symbolizes Japan’s seasons.

Japan's Fall Colors.Fall in Japan is very beautiful.

伝統
「まつり」
(日本の文化)

子どもの頃に親しんだ、縁日やお祭りなどで、並んだ懐かしい彩り豊かな「かざぐるま」が登場。そして、笛や太鼓のお囃子とともに、稲穂のように揺らめく幾千もの提灯が夜を彩ります。日本の祭りは、人から人へと代々受け継がれてきた「生きた伝承」。風土と文化が感じられる日本人の生活に欠かせない大切なものです
It is commonly said that you will always find a festival somewhere in Japan.There are countless local festivals (matsuri) in Japan because almost every shrine celebrates one of its own.Most festivals are held annually and celebrate the shrine's deity or a seasonal or historical event.Every festival has its own characteristics. While some festivals are calm and meditative, many are energetic and noisy.Festivals are often based around one event, with food stalls, entertainment, and carnival games to keep people entertained.

Japanese Festivals (Matsuri)

可憐
「炎・花火」
(日本の文化)
戦国時代から奉納されてきた「手筒花火」吹き上がる火柱が夜を照らし、火の粉をかぶりながらも平然と立つ勇敢な花火師たちの姿は圧巻です。そして、古くは江戸時代から庶民の楽しみだった打ち上げ花火が、豪快に夜空を色とりどりに埋め尽くします。Hand held fireworks "tezutsu hanabi" have their roots in the Sengoku period. With a thunderous roar and flashes of orange sparks rising over 10 meters into the air, the Tezutsu fireworks make a thrilling spectacle. As well as an opportunity to pray for a good harvest and sound health, it was a chance for the young people to put their courage to the test.Fireworks (Hanabi) festival have a long history in Japan and are an integral part of Japanese summers.Hundreds of firework shows are held every year across the country, mainly during the summer holidays in August, with some of them drawing hundreds of thousands of spectators.

Fireworks (Hanabi):Hand-held fireworks cannons & Fireworks festival

粋・艶
「幕引き」
(日本の文化)

粋・艶「幕引き」(日本の文化) フィナーレは歌舞伎を象徴する「隈取」が登場し、日本の伝統芸能「歌舞伎」の舞台の終演のように、拍子木(ひょうしぎ)の音と、三色の引幕「定式幕(じょうしきまく)」で締めくくります。Representative of Japanese Performing Arts.Kabuki is the traditional Japanese classical drama which started about 400 years ago. It is known for its very stylized acting and the elaborate makeup worn by the actors. The word kabuki means "singing and dancing". 

Japanese Traditional Performance Kabuki

光りの演出の遷移

  • 2004年  水上オブジェと15ミリツリー
  • 2005年  水上イルミネーションとツインツリー
  • 2006年  光の回廊を新設
  • 2007年  テーマエリア 天の川 ~光の銀河~
  • 2008年  テーマエリア 花  ~光のお花畑~
  • 2009年  テーマエリア オーロラ ~幻想・光のカーテン~
  • 2010年  テーマエリア 富士と海  ~大海原と富士~
  • 2011年  テーマエリア 日本の四季 ~輝く希望のあかり~
  • 2012年  テーマエリア 大自然 ~天空に舞う神秘の情景~
  • 2013年  テーマエリア 祝・世界遺産 富士 ~世界一の荘厳たる富士~
  • 2014年  テーマエリア ナイアガラの滝 ~大自然が魅せる驚異の情景~
  • 2015年  テーマエリア スイスアルプスと大自然
  • 2016年  テーマエリア 大地 -だいち-  ~世界四大陸と日本の絶景を巡る旅~
  • 2017年  テーマエリア くまもとだモン!~ くまモンのふるさと紀行 ~
  • 2018年  テーマエリア JAPAN ~ 日本の情景 ~

光のトンネル(200m)

200mの「光のトンネル」アーチングイルミネーション 華回廊。
花ひろば西側通路(あじさい・しょうぶ園への道)に、花びらを模ったLED電球で「暖かなあかり」を演出した光の回廊(約200m)があります。なばなの里イルミネーションを一躍有名にした人気スポット、200mの「光のトンネル」。2006年に初登場しました。暖かいイルミネーションの光が心をも包みます。(2017年よりLED電球で白熱電球のあたたかな灯りを再現)

2013年には「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」に選ばれました。 ※「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」詩歩(しほ):世界中の絶景を紹介するFacebookページを運営し、70万以上のいいね!を獲得して話題に。書籍「死ぬまでに行きたい!世界の絶景(2013年)」を出版し、オリコンランキング1位を獲得。

光のトンネル(100m)「ラベンダー」

光のトンネル(100m)は毎年内容が変わります。

新登場  「ラベンダー」 ~ lavender ~ 

まるで紫色の絨毯を敷きつめたような色鮮やかなラベンダー畑の情景
爽やかな見わたす限りのラベンダーが織り成す広大な大地をイメージ。一面にしきつめられたラベンダーが創り出す紫色の絨毯を鮮やかなパープルのLEDで表現。煌びやかなあかりに囲まれたトンネルの情景は、まるで絵本の世界のような美しい風景の中を散策でもしているようです。雄大でカラフルそしてフォトジェニックな景色を演出するために、最新調光プログラム技術とグリーンのLEDも使用し、ラベンダーの芽吹き、つぼみが膨らみ数を増やし、やがて鮮やかなラベンダー色に染まる花色を表現いたします。 紫(むらさき)とは、青と赤の中間色で菫(すみれ)のような色、古代より紫は最高の色として称賛されてきました。心身を癒してくれる日本の伝統色の繊細な色彩をゆっくりとお楽しみください。

過去の内容

  • 2006年 ブルーLED
  • 2007年 クリスタルホワイト
  • 2008年 カラフルLED
  • 2009年 パープルLED
  • 2010年 虹(レインボー)
  • 2011年 宝石箱(色変わりするLED)
  • 2012年 河津桜(ピンク)
  • 2013年 もみじ(オレンジ・黄)
  • 2014年 お花畑(黄、ピンク、緑)
  • 2015年 青の世界(4種類の「青」)
  • 2016年 秋(3種赤・橙・緑)(調光変色)
  • 2017年 桜(緑・ピンク)(調光変色)

歴代のイルミネーションを見る

国内最大の水上イルミネーション

立体的な優美で繊細な川の流れを演出する水上イルミネーション。渓流をイメージした大河の流れや、ダイナミックな滝の流れ、変化のある千変万化の川流れの美しさを躍動感あふれる演出しています。約10分間のプログラム中には、四季の移ろいや、神秘の自然現象など、想像を超える色合い豊かなシーンを多彩に演出。最先端のコンピューター制御技術を駆使し、美しい音色のBGMに合わせ約640億色の演出が可能な最新LEDで「光の大河」の木曽三川(木曽川、揖斐川、長良川)の、様々な変化に富んだ"大自然の美しさ"を演出しています。まさに世界を魅了するイルミネーションで、雄大な大自然をイメージし鮮麗たる美しい空間が広がります。また、近年、2015年に大幅なリノベーションもおこなわれたばかりで見応えがアップしています。

水上イルミネーションを詳しく見る

チャペル前のツインツリー

なばなの里のチャペル前には2本のシンボルツリーがあります。より美しくツリーをご覧いただけるように、LED電球を丁寧に枝先まで装飾し、ボリューム感のある華やかなイルミネーションのツリーに仕上げました。高さ約20mを超える天然木(ヒマラヤスギ)は、見事な枝ぶりの存在感のある巨木です。毎年、チャペルの鐘の音を 合図に点灯式が行われ、「なばなの里」で一番の人々が集う場所。クリスタルホワイトに彩られたゴージャスな気品のあるツリーと、大人の色使いのパステルブ ルーに見立てた優雅なツリーは、人気のフォトスポットになることでしょう。なばなの里のチャペルでは結婚式もシーズンには挙げられています。神聖な雰囲気に女性を中心にフォトスポットにもなっています。運がいいとチャペルの中の十字架も見れるかも?

NIKKEIプラス1「何でもランキング クリスマスツリー名所に行こう」 にて日本一を獲得!日本経済新聞が発行する「NIKKEIプラス1」(毎週土曜日発行・別刷り紙面)の‘何でもランキング クリスマスツリー名所に行こう’(2015.11.21付)において、東西併せて第1位を獲得。この冬行きたいクリスマスツリー東西13カ所 (2015.11.21付)

時間:17時頃
場所:なばなの里ゲート付近

点灯時間は時期や状況により予告無く前後いたします。

水上イルミネーションを詳しく見る

日本一のツリーに なばなの里!東西13カ所でNo.1に選ばれました! (NIKKEIプラス1)

ビール園前 光の雲海

長島ビール園前の花壇には、高さ約3mの光のアーチとブルーの
LEDが一面に敷き詰められ、広がりのある幻想的な「光の雲海」をつくります。

★2018年桜色LEDと調光プログラムで、一面に咲く色あざやかな芝桜のシーンも登場します

光の雲海イルミネーションを詳しく見る

過去のプレスリリース <共同通信PRWire>

      < li>
2018年 詳細はこちら

季節の花々のライトアップとの競演!

なばなの里 イルミネーションと合わせて楽しみたい春からのロマンチックな夜
夜のなばなの里はとってもロマンチック。花ひろばのライトアップは想像を超える光と花の競演です。

お得な切符を詳しく見る

なばなの里イルミネーション 近鉄電車&バス割引セットきっぷ

なばなの里 イルミネーションへは電車とバスで便利にお得に!
近鉄長島駅に急行を臨時停車、「なばなの里」への直通バスを運行しています。電車・バスの往復乗車券、「なばなの里」入村券などをセットしたお得なきっぷも発売中。

お得な切符を詳しく見る

イルミネーションから紅葉まで旅好きに大好評!

トリップアドバイザーのアドバイザー
↓↓まだまだあります「なばなの里」の口コミランキング↓↓

世界が認めた「なばなの里」 外国人観光客が称賛投稿多数!
世界中の旅行者が訪れる日本を代表する観光名所に!

東海地区で唯一『なばなの里』TOP30ランクイン!

「外国人に人気の観光スポット2017」

口コミを読んで予約もできる世界最大の旅行サイト「TripAdvisor®」の日本法人であるトリップアドバイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:牧野友衛http://www.tripadvisor.jp/)は、トリップアドバイザー上に投稿された外国語の口コミ評価をもとに、「外国人に人気の観光スポット2017」を発表しました。

イルミネーション人気ランキング2014
トップはなばなの里 - Yahoo! 調べ

ヤフーは人気イルミネーションスポットに関する調査を実施し、その結果を発表した。ヤフーによると「イルミネーション」のキーワード検索は、例年10月中旬から増加し、クリスマスにかけてピークとなるが、今年は昨年を上回る推移で伸びている。

また、「yahoo!トラベル」サイト上での閲覧数をもとにした、人気イルミネーションスポットランキングも発表。全国1位は三重県の「なばなの里」、2位は千葉県の「東京ドイツ村」となった。都内人気エリアランキングでは、1位は今年初開催の「中目黒(目黒川)」。次いで丸の内、六本木の順となった。

参考:http://www.travelvoice.jp/20141208-32509

美しい景観が話題の「なばなの里」が世界の絶景と肩を並べて

2013年「年間写真集TOP10」が発表。AKB48などアイドルの関連本がトップ10のうち8つを占める中、2位に「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」(三才ブックス)がランクイン。

詳しくはこちら

56万人が「いいね!」したFacebookページ
死ぬまでに行きたい!世界の絶景
https://www.facebook.com/sekainozekkei
から特に人気のあった絶景を厳選した写真集。

世界のネットユーザーが選んだ絶景をランキング化して写真集として発売された。第一位の絶景はイタリア・ランベドゥーザ島、二位はモルディブ・バードゥ島の海が光っている写真。そして、五位に三重・桑名市のなばなの里。

200メートル にわたって光のトンネルが続き、国内有数のイルミネーションスポットとして紹介されました。

Nスタ 2013年12月10日(火) TBS
とくダネ!2013年12月10日(火)フジテレビ

イルミネーションアワード 3年連続 第1位

全国の夜景鑑賞士を対象に「実際に行ってみて良かったイルミネーション」という項目で、国内の施設を対象に一般投票も加えランキングを決定・発表しています。
(2014年・2015年・2016年)

詳細はこちら

最も気になるランキング。発表!
夜景鑑賞士が選んだ
『全国イルミネーションランキング』
http://www.dreamnews.jp/press/0000121868/

青色LEDの発明実用化 ノーベル物理学賞 日本人研究者が受賞

赤崎さん、天野さん、中村さんノーベル物理学賞受賞おめでとうございます!青色発光ダイオードの開発、実用化が世界に大きく評価され2014年10/7にノーベル物理学賞を受賞されました。

多くの人々に「光の恩恵」をもたらした夢のLED照明。技術的に20世紀中の開発は無理とさえ言われた青色LEDの開発に取り組み、
世界で初めて成功し、世界中の研究者を驚かせました。

なばなの里のイルミネーションのいたるところで使われている青色LED。透き通るようなその美しい青色LEDとても人気のある色です。

また、赤・緑・青の光の三原色のLEDがすべてそろい、組合せによりあらゆる色が出せるようになり、鮮やかで多彩な美しいイルミネーションにより様々な表現が可能になりました。

なばなの里では特に水上イルミネーションやテーマエリアでは多彩な色で様々な演出を行っています。なばなの里は世界最高峰のLED技術を使用した世界最高のイルミネーションでありLED技術の集大成ともいえるでしょう。

ナガシマリゾートの節電への取り組みについて

電飾には省電力のLEDを積極採用し節電を実施しております。
冬のイルミネーションを迎えるにあたり、従来から保有している「自家発電設備」の稼動により、イルミネーションに要する消費電力のほとんどをまかなっております。 節電対策として園内各所の電灯を消灯したり、花ひろばの夜間ライトアップは期間中とりやめ、昼間のお花観賞のみでお楽しみいただいております。
営業時間は22時までの営業日は土日休日と繁忙期の一部のみで、平日は21時までとさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますがご理解の程よろしくお願いします。

なばなの里の自家発電装置について

なばなの里では開業時より、ガスコージェネレーションシステムを導入し、自家発電装置を稼動させています。イルミネーションに要する消費電力の殆どをまかなっております。ナガシマリゾートは節電に心掛ける施設です
ご来場されるお客様の安全やサービス等、お客様にご迷惑をおかけする様な節電は実施致しませんが、従業員用施設やバックヤードの照明の減灯や消灯をはじ め、空調の温度調整など、ナガシマリゾート全体(なばなの里、オフィシャルホテル、遊園地、温泉施設等)で、節電に心掛けて参ります。